妊娠中の下腹部痛について

妊娠中に下腹部が痛かったり、違和感を感じる事があります。これは妊娠によっておこっている正常な現象で、基本的には安全だとされています。

そこで今回は、妊娠中の下腹部痛の症状と原因についてご紹介したいと思います。

【妊娠中の下腹部痛/症状・原因について】

《妊娠中の下腹部痛/症状》

妊娠中の下腹部痛、感じる人もいますが、全く感じずに出産を迎えるというママもいるのです。痛みを感じるタイミングや、その痛みの程度にも個人差があります。

痛いかもしれない?というごく軽いものから、ひどい生理痛と表現するほどの状態の人までさまざまなのです。

痛みの種類として多い物が、チクチクする痛み・ずしんと重い感じの痛み・子宮に違和感を感じる・引っ張られるような痛み・突っ張る感じの痛み・足の付け根が痛い・色々な痛みがランダムに襲ってくるなど、いくつもに分かれています。

>【プレママちぇっく!】妊娠週で分かる、悩みや症状、心構え

《妊娠中の下腹部痛/原因》

では、これらの痛みの原因はなになのでしょうか?

(子宮の成長)

妊娠と同時に、カラダは赤ちゃんを育てる準備を始めます。そのために、黄体ホルモンを分泌して、筋肉を緩め子宮の柔軟をはかります。こうして準備を整えた子宮に受精卵が着床し、徐々に大きくなるのです。

こうして大きくなり始めた子宮が、支えている靭帯を引っ張ったり、周囲の臓器を圧迫したりすることが、ママにとっては痛みや違和感として表れているのです。

こうしてメカニズムを理解すれば、おなかの中で起きている事をそのままママのカラダは痛み・違和感として受け止めているという事がわかり、少し安心できますよね。

(ホルモンバランスの乱れ)

あるいは、急激な変化を遂げている体内のホルモンバランスの影響などで、ママのカラダの自律神経に乱れが生じ、腹痛を起こしている場合もあります。

胃腸はこの自律神経のコントロール下で働いていますので、自律神経の乱れがこの胃腸の不調を招くのです。

【先輩ママの口コミ/妊娠中の下腹部痛】

《便秘と下痢の日々》

妊娠初期に下腹部痛が続きました。お腹の痛みはそんなにひどくなかったのですが、便秘と下痢を繰り返す事は凄く辛かったです。

これが次の悲劇「お尻の病気」にまで発展。出産で更にダメージを受けるのは必至だと聞き、早めの治療を勧められ、仕方なく「お尻の先生」にお世話になりました。

《引っ張ってるの?》

妊娠が判明し、喜びも束の間。最初はお腹の違和感から始まり、徐々にチクチクする痛みが出てきました。こういった症状がでるのは、妊娠初期なら普通の事と聞いていたのですが、痛みが強くなったのでどんどん不安に。

チクチクが今度はつっぱる痛み、まるでお腹の中の赤ちゃんが引っ張って遊んでいるような、結構な痛みが続きました。この事をどんなに訴えても、病院では大丈夫としか言ってくれず、悲しかったことを覚えています。

痛みの種類は変わりましたが、出産が終わるまで痛みから解放される事はありませんでした。しかし、出産後には、あれだけ痛かった下腹部が全然楽に。

やっぱり大丈夫な痛みだったのだとやっと安心できました。生まれてきた赤ちゃんに、引っ張ってたの?と聞きたいくらい。もし、同じ悩みのプレママに出会ったら、大丈夫といってあげたいです。

《脂汗が出るほどの痛み》

妊娠中期に突然襲ってきた謎の激痛。何が起こっているのか分からないので、まずはトイレに駆け込んでも、出血はなく一安心。

でも痛みが治まらないので病院へ。すると、便秘の為の腹痛だと判明しました。そういえば、暫く出てないな、なんて事を思い出していたら、浣腸ですと告げられました。その後、無事に痛みが治まりました。

私の場合、浣腸で解決したので良かったのですが、これ以上こじらせたらもっと大変な処置が待っていたらしく、ゾッとしました。

《お腹周辺が全部痛い!!》

妊娠初期に、胃はきりきり、下腹部はずしんと重い、足の付け根は突っ張る痛み、ご丁寧に腰痛も。生理痛の10倍辛い状態でした。

そんな状態が妊娠中期まで続き、徐々に改善。5か月ごろには何事もなかったように改善しました。これが妊娠なのだと実感。今となっては懐かしい思い出に変わっています。

あの頃のワタシ、よく頑張ったねと言ってあげたいです。

《子宮が痛い》

現在妊娠13週。下腹部の子宮付近が痛いです。検診で医師にそのことを伝えて念入りに診察して頂きましたが、問題なしとの事でした。

気にし過ぎるとかえってストレスになり、痛みが増すと教えていただき、リラックスする事と、生活習慣の改善についての指導を受けました。

疲れないように生活する事とか、ストレスをためない、発散する事など、聞けば当たり前の事なのですが、改めて指導されるとできていない事も実感。

少し気持ちと時間に余裕を持てるように生活をしてみたら、徐々に痛みが薄れてきたように思いました。

【まとめ】

妊娠中に下腹部が痛むのは当然のことなのですね。つわりと同じで、その症状が出る人、出ない人、その症状も色々でした。

妊娠中は、おなかに赤ちゃんがいるわけですから、痛みには敏感になります。しかし、あまり神経質になるのも精神衛生上は良くないのですね。

先ずは、心配のない痛みとはどういうものなのか、それを知った上で対処できると良いですね。そして、その判断が難しい場合には遠慮せず医師に相談しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です