妊娠中の下腹部痛について

妊娠中に下腹部が痛かったり、違和感を感じる事があります。これは妊娠によっておこっている正常な現象で、基本的には安全だとされています。

そこで今回は、妊娠中の下腹部痛の症状と原因についてご紹介したいと思います。

【妊娠中の下腹部痛/症状・原因について】

《妊娠中の下腹部痛/症状》

妊娠中の下腹部痛、感じる人もいますが、全く感じずに出産を迎えるというママもいるのです。痛みを感じるタイミングや、その痛みの程度にも個人差があります。

痛いかもしれない?というごく軽いものから、ひどい生理痛と表現するほどの状態の人までさまざまなのです。

痛みの種類として多い物が、チクチクする痛み・ずしんと重い感じの痛み・子宮に違和感を感じる・引っ張られるような痛み・突っ張る感じの痛み・足の付け根が痛い・色々な痛みがランダムに襲ってくるなど、いくつもに分かれています。

>【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト

《妊娠中の下腹部痛/原因》

では、これらの痛みの原因はなになのでしょうか?

(子宮の成長)

妊娠と同時に、カラダは赤ちゃんを育てる準備を始めます。そのために、黄体ホルモンを分泌して、筋肉を緩め子宮の柔軟をはかります。こうして準備を整えた子宮に受精卵が着床し、徐々に大きくなるのです。

こうして大きくなり始めた子宮が、支えている靭帯を引っ張ったり、周囲の臓器を圧迫したりすることが、ママにとっては痛みや違和感として表れているのです。

こうしてメカニズムを理解すれば、おなかの中で起きている事をそのままママのカラダは痛み・違和感として受け止めているという事がわかり、少し安心できますよね。

(ホルモンバランスの乱れ)

あるいは、急激な変化を遂げている体内のホルモンバランスの影響などで、ママのカラダの自律神経に乱れが生じ、腹痛を起こしている場合もあります。

胃腸はこの自律神経のコントロール下で働いていますので、自律神経の乱れがこの胃腸の不調を招くのです。

【先輩ママの口コミ/妊娠中の下腹部痛】

《便秘と下痢の日々》

妊娠初期に下腹部痛が続きました。お腹の痛みはそんなにひどくなかったのですが、便秘と下痢を繰り返す事は凄く辛かったです。

これが次の悲劇「お尻の病気」にまで発展。出産で更にダメージを受けるのは必至だと聞き、早めの治療を勧められ、仕方なく「お尻の先生」にお世話になりました。

《引っ張ってるの?》

妊娠が判明し、喜びも束の間。最初はお腹の違和感から始まり、徐々にチクチクする痛みが出てきました。こういった症状がでるのは、妊娠初期なら普通の事と聞いていたのですが、痛みが強くなったのでどんどん不安に。

チクチクが今度はつっぱる痛み、まるでお腹の中の赤ちゃんが引っ張って遊んでいるような、結構な痛みが続きました。この事をどんなに訴えても、病院では大丈夫としか言ってくれず、悲しかったことを覚えています。

痛みの種類は変わりましたが、出産が終わるまで痛みから解放される事はありませんでした。しかし、出産後には、あれだけ痛かった下腹部が全然楽に。

やっぱり大丈夫な痛みだったのだとやっと安心できました。生まれてきた赤ちゃんに、引っ張ってたの?と聞きたいくらい。もし、同じ悩みのプレママに出会ったら、大丈夫といってあげたいです。

《脂汗が出るほどの痛み》

妊娠中期に突然襲ってきた謎の激痛。何が起こっているのか分からないので、まずはトイレに駆け込んでも、出血はなく一安心。

でも痛みが治まらないので病院へ。すると、便秘の為の腹痛だと判明しました。そういえば、暫く出てないな、なんて事を思い出していたら、浣腸ですと告げられました。その後、無事に痛みが治まりました。

私の場合、浣腸で解決したので良かったのですが、これ以上こじらせたらもっと大変な処置が待っていたらしく、ゾッとしました。

《お腹周辺が全部痛い!!》

妊娠初期に、胃はきりきり、下腹部はずしんと重い、足の付け根は突っ張る痛み、ご丁寧に腰痛も。生理痛の10倍辛い状態でした。

そんな状態が妊娠中期まで続き、徐々に改善。5か月ごろには何事もなかったように改善しました。これが妊娠なのだと実感。今となっては懐かしい思い出に変わっています。

あの頃のワタシ、よく頑張ったねと言ってあげたいです。

《子宮が痛い》

現在妊娠13週。下腹部の子宮付近が痛いです。検診で医師にそのことを伝えて念入りに診察して頂きましたが、問題なしとの事でした。

気にし過ぎるとかえってストレスになり、痛みが増すと教えていただき、リラックスする事と、生活習慣の改善についての指導を受けました。

疲れないように生活する事とか、ストレスをためない、発散する事など、聞けば当たり前の事なのですが、改めて指導されるとできていない事も実感。

少し気持ちと時間に余裕を持てるように生活をしてみたら、徐々に痛みが薄れてきたように思いました。

【まとめ】

妊娠中に下腹部が痛むのは当然のことなのですね。つわりと同じで、その症状が出る人、出ない人、その症状も色々でした。

妊娠中は、おなかに赤ちゃんがいるわけですから、痛みには敏感になります。しかし、あまり神経質になるのも精神衛生上は良くないのですね。

先ずは、心配のない痛みとはどういうものなのか、それを知った上で対処できると良いですね。そして、その判断が難しい場合には遠慮せず医師に相談しましょう。

 

妊娠中に塩分が怖いと言われる理由

妊娠中塩分は控えめにしようね。と、アドバイスをもらう事ってありませんか?あるいは、妊娠中の塩分は怖いよ!!と、もう一歩踏み込んだアドバイスをもらったなんて事もあるかもしれません。

では、その理由は何なのでしょうか?

【妊娠中に塩分が怖い理由】

《妊娠高血圧症候群のリスク》

妊娠高血圧症候群という名前を聞いたことがあるでしょうか?これは、20人に1人の割合で発症する病気で、妊娠20週以降に高血圧となり、出産後12週までに血圧が正常に戻るという特徴があります。

こうなる原因の一つが塩分の取り過ぎ。しかも、この病気には、ママの血圧が上がり、健康を害する危険性があるのと同時に、お腹の赤ちゃんの健康問題にも発展し得る怖い病気なのです。

では、具体的にカラダの中ではどのような問題が起こっているのでしょうか?

先ずは赤ちゃん。ママのカラダが塩分過多になった場合には、充分な酸素や必要な栄養分が赤ちゃんに送られなくなります。こうなると、赤ちゃんが育たなくなったり、先天性の障害の発症・知能障害を起こす可能性が高くなるのです。

また、最悪の場合には、流産・早産など、赤ちゃんの命が危険にさらされてしまいます。

次にママ。先ずは高血圧の症状が現われ、タンパク尿・むくみの症状なども見られるようになります。これが起きると言う事は、ママの腎機能が低下している証拠なのです。低下した腎機能によって体内の余分な塩分・水分の排泄が出来なくなっているために起こっている健康問題。この症状が更に進行すると、尿毒症を発症し、重篤な状態に陥る事もあるのです。

《妊娠高血圧症候群の自覚症状》

この妊娠高血圧症候群ですが、怖い事に自覚症状があまりないために、気づきにくいという特徴もあるのです。

強いてあげるなら、自覚症状と呼べるものはむくみです。足のすね部分を指で押して、すぐに戻らないようであればむくんでいる証拠。すぐに医師に相談しましょう。同時に塩分控えめの食事を心がけましょう。

《妊娠高血圧症候群にかかりやすい人の特徴》

妊娠高血圧症候群の原因は未だ解明されていませんが、かかりやすい人の傾向については少しずつ解明されているのです。ここではその特徴についてお知らせしたいと思います。

(妊娠高血圧症候群にかかりやすい人の特徴)

  • 基礎疾患に糖尿病・高血圧・腎臓の病気を持っている。
  • BMIが25以上の肥満体系
  • 出産年齢が35歳以上
  • 血縁者に高血圧の人がいる
  • 双子などの多胎妊娠
  • 初産
  • 以前に妊娠高血圧症候群になったことがある

これらに該当する場合、特に妊娠高血圧症候群への注意が必要になります。

【妊娠高血圧症候群は防げるの?】

残念ながら、いまだ原因が解明されていない妊娠高血圧症候群ですので、明確な予防方法も確立されていないのが現状です。

しかし、規則正しい生活習慣を送る事、とりわけ食生活での減塩・糖分を控える・急激な体重増加を避ける等、有効な対策もあります。

リスクの高い生活習慣を避ける事で、防ぐ確立は高くなります。是非取り入れてみてください。

【先輩ママ達の経験談/妊娠高血圧症候群】

《臨月に入っての妊娠高血圧症候群》

臨月に入り、妊娠高血圧症候群になってしまいました。大事をとっての管理入院。そのまま出産当日を迎え、万全の態勢で出産。無事出産を終えたのですが、妊娠高血圧症候群の影響で、赤ちゃんは小さく、NICUにて経過観察。

暫く入院が必要との事でした。私が先に退院する事になってしまい寂しいのと申し訳ない気持ちで泣けてきました。しかし、その後赤ちゃんも無事退院。大事にならずに良かったです。

《妊娠悪阻による妊娠高血圧症候群》

妊娠初期からの妊娠悪阻で殆ど食事ができない日々。この状態が2カ月程度続き、妊娠中期に入り何とか妊娠悪阻の状態も安定しました。

ほっとしていた時に、妊娠高血圧症候群の疑いありとの診断。やっと落ち着いて生活できると思っていたのに、妊娠悪阻の次が妊娠高血圧症候群かも知れないと聞き、悲しくて怖くて落ち込んでいました。

原因はわかりませんが、妊娠悪阻の間の食生活が問題だったのかもしれないと言われました。

というのも、妊娠悪阻の間、食べられるものが限られていて、果物・ジュース・キャンディー・パンばかり食べていました。

栄養分はサプリメントで取っていたので大丈夫と考えてしまったのが問題だったのかもしれません。

未だ深刻な状態ではないので経過観察、でも、次回の検査でアウトだったら入院と告げられ、生活習慣指導を受けました。

できれば入院はしたくなかったので、必死で指導内容を守り、特に食生活面では減塩に徹し・糖分は控える・パンは止めて雑穀米を食べる等で対処しました。

これらの効果があったのかな?何とか状態が改善し、入院は避けられました。その後の長い経過観察はありましたが、、、

つわりの間は食べられるものを食べられるだけ食べればよい、そう思い対処していたのですが、極端だったのかもしれないと、猛省しました。

【まとめ】

妊娠高血圧症候群の原因は未だ解明されていないため、予防は難しいのですね。しかし、妊娠高血圧症候群にかかってしまった場合、その状態が進行すればキケンな状態にもなり得る病気なのです。

可能な限りの予防に努めなければいけないですね。なにせ、20人に一人の割合でかかる、確率の高い病気です。生活習慣の改善で予防の可能性が広がるのでしたら、出来るだけ頑張ってみたいものですね。

妊娠中に必要な栄養素/カルシウムについて

今日のテーマは妊娠中に必要な栄養素の一つであるカルシウムについて。カルシウムは普段の食生活においても、意識的に摂取しなければ日本人には不足しがちな栄養素だとも言われています。ましてや妊娠中ならはなおのこと不足してもおかしくありません。

その理由は和食にあります。和食はとてもバランスの良い食事と言われている反面、カルシウム不足と塩分過多といった欠点もあるのです。しかし、妊娠中には必須の栄養素。どうやって補えばいいのでしょうか?悩ましい問題ですよね。

そこで今回は、カルシウムの役割・カルシウムが不足した場合のリスク・カルシウムを多く含む食品などについてご紹介したいと思います。

【妊娠中に必要な栄養成分/カルシウムについて】

妊娠中に必要な栄養成分には葉酸・鉄分・亜鉛そして今回ご紹介するカルシウム。このカルシウム、体内で具体的にどんな役割を担っているのでしょうか?

そして、不足した場合にどんな問題が起こり、それを防ぐためにはどんな方法で対処すればいいのでしょうか?

《カルシウムの役割》

まずは、カルシウムの体内での役割についてご紹介します。

カルシウムには、赤ちゃんの骨・歯をつくるといった役割があります。同時に、カルシウムは精神安定をはかる効果がありますので、妊娠中のママの精神安定剤役割としても欠かせない栄養素なのです。

《妊娠時にはどれくらいのカルシウムが必要なの?》

妊娠時は、妊娠していない状態の1.5倍、1日に900mgが必要だと言われています。同時に、カルシウムの体内吸収に欠かせないマグネシウムも同時に摂取する必要があるのです。

また、カルシウムを過剰摂取した場合、健康問題を引き起こしますので、どんなに多くても一日の上限摂取量である2300mgを超えないように心がけましょう。

《カルシウムが不足した場合のリスク》

では、そのカルシウムが不足した場合には、カラダにはどんな問題が起きるのでしょうか?

先ず、妊娠中に極端にカルシウムが不足してしまった場合には、赤ちゃんの成長を優先させるために、ママのカラダは、ママの骨でカルシウムを補おうとします。つまり、ママのカラダの骨からカルシウムが溶けだしてしまうという事です。

これによって、ママのカラダの骨がもろくなってしまうという訳なのです。出産回数と骨粗鬆症に相関関係があるのも、出産を経験した女性が、中年を迎えると急に歯がもろくなるというのもうなずける話なのですね。

ですから、妊娠中のカルシウム不足は、赤ちゃんにとってというよりも、ママにとって大なリスクとなるのです。そうならないためには、妊娠中に必要な量のカルシウムが体内に行きわたるようにしなければいけないのです。

《カルシウムの吸収》

このカルシウムの体内吸収率は食品の種類によって異なります。乳製品で50パーセント・魚なら30パーセント・野菜なら20パーセントとなっています。

また、マグネシウム・ビタミンD・クエン酸などのカルシウムの吸収を助ける栄養成分を同時に摂取しましょう。

心配なのがカルシウムの吸収を阻害する成分。これらには食物繊維・タンパク質・ナトリウムなどの存在が考えられますが、一度によほど多く摂取しない限り、大きな影響をうける心配はありません。

《カルシウムを多く含む食品》

幸いなことに、カルシウムを多く含む食品は多数存在しています。代表的な種類には、乳製品・骨ごと食べられる魚・殻ごと食べられるエビ・葉物野菜などがあります。

しかし、前述のとおり、食べ物の種類によって吸収率が変わりますので、吸収率の高い食品から優先的に摂取する事をオススメします。

《カルシウムの過剰摂取のリスク》

カルシウムを過剰摂取した場合、皮膚のかゆみ・吐き気・便秘などの症状が現われます。同時に、鉄・亜鉛・マグネシウムの吸収の阻害要因ともなるのです。

《サプリメントで摂取する場合》

妊娠中に必要なカルシウム摂取量を考えると、食品からというたけでは難しい場合があります。

もし、体内収集率の高い食品である乳製品で摂取すればカルシウム摂取はカバーできるかもしれませんが、カロリーオーバーや糖分・脂肪分・塩分過多になる可能性も高いのです。

ですので、基本は食事から、不足分はサプリメントで補うといった方法が安全で安心なのかもしれません。

【先輩ママの体験談/妊娠中のカルシウム】

《まさかの骨折》

2人目の妊娠中、足の小指をぶつけてしまった。痛い!でも、そそっかしい私にはいつもの事。気にもしていなかったが、痛みが全然引かない事に一抹の不安を感じ、まじまじと足を見てみると、みるみるうちに膨れてきました。

もしや、と思いすぐに病院へ。すぐに骨折が判明し処置して頂きました。その時に、妊娠中はちょっとしたことでも骨折する人がいると教えて頂きました。妊娠してカルシウムが溶けだすとは聞いていましたが、まさか骨折までとは、、、トホホな出来事でした。

【まとめ】

妊娠してカルシウムが不足すると、ママの体内の骨からカルシウムがどんどん溶けだして、その成分で赤ちゃんを育てるのですね。昔から、子だくさんのお母さんは歯が早く無くなるとか、老後に背中が曲がってくるのは出産が影響していると言いますが、これ本当だったのですね。まさに身を削っての出産。ママは本当に偉いです。

 

しかし、年齢を重ねても元気でいられるためには、出来る限りカルシウムを摂取して、不足させないようにして、出来る限りママの健康を守りましょう。